的確な判断のための心理学

心理思考を効果的に使って精度の高い判断を下すには?【書き下ろし】

今回の話は人間の心理や思考についての話です。
我々歯科医師に限ったことではありませんが、
人間には複雑な心理が備わっています。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

嬉しい、悲しいといった感情でいっぱいになったり、
相手の気持ちを推察したり、共感したり、
学術的なことを考えるモードに入っていたり、
さまざまな心理・思考があります。

 

こうした人間の心理・思考については、
通説として
大きく分けて2種類存在すると考えられてきました。

 

a.「無意識に働く直感的・感覚的な心理・思考」
b.「意識的に働かせる合理的・論理的な心理・思考」

 

直感的・感覚的に物事を判断する心理が強く働いてしまうと
統計や確率、世の中の事実などを客観的に検証しないまま
間違った判断をしてしまうことがあります。

 

かといって、合理的・論理的な心理・思考を
長時間にわたって続けるのは、脳の疲労が激しく負担大です。

 

我々歯科医師にとって実際には、この相反する
2つの心理・思考と
うまく付き合っていくことが
間違った判断をしてしまうリスクを減らし、
医療人としての感覚と人間らしい行動につながっているのです。

 

そうなるためにも
まずは
この『2つの心理・思考』について
理解を深めておくことが重要なのです。

この記事の公開は2021年7月31日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 患者のファン化

    診療実績で「患者のファン化」させる3つのポイント

  2. 院長の気構え

    歯科医院の院長に求められるものはたくさんある

  3. 行動だけが成功へと続く道

    歯科医師人生で成果を出すためにも守るべき唯一の指針

  4. 共感を得るには

    患者の心に響く会話や説明には〇〇が必要!

  5. 思考の流れを意識してみる

    時間さえあればできると思い込んでいる『トークスクリプト』

  6. 紹介システム

    歯科医院に再現可能な「患者紹介システム」を構築する【書き下ろし】

  7. 時間の創出

    優先順位が高い仕事の見極め方【書き下ろし】

  8. vision

    伸び悩んでいる歯科医院の特徴【書き下ろし】

Category