ネット広告のポイント

保護中: 歯科医院のインターネット広告で知っておきたい3つのポイント【書き下ろし】

Last Updated on 2022.1.1 by 近 義武

歯科医院経営で手っ取り早く患者を集めたいなら、
インターネット広告を使うことです。

 

インターネットを全く使わずに患者を集める方法も、
インターネットは使うが広告を使わない方法もあります。
しかし、それを実現するにはどうしても時間がかかってしまいます。

 

結局、お金をかけて集客するか、時間をかけて集客するか、
どちらをとるかということです。
広告宣伝費にお金をかけられないなら、時間をかけて取り組めばいいのです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

しかし、時間をかけるということは、人件費をかけることと同じです。
(しかも院長であるあなたの)

 

つまり、どちらもお金がかかっているわけです。
ですから、「インターネット広告を使う」という選択肢は
否定するべきものではありません。

 

ただし「広告を出せば確実に患者が来て業績が上がる」
というわけでもありません。

 

ですから、インターネット広告を上手く使う方法や注意点も
学んでおいてしかるべきです。

 

今回は、歯科医院がインターネット広告を始めるにあたって
これだけは知っておきたいポイントを3つ紹介します。

この記事の公開は2021年12月31日まで

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

関連記事

  1. 患者の決断は感情から

    患者はあなたの治療を感情で決断する

  2. 謙虚になる

    歯科医院の院長に忍び寄る影

  3. sns-education

    集患したいならインターネット上でも教育をしろ!【書き下ろし】

  4. 余計な仕事をしてるから忙しい

    くだらない仕事を排除する

  5. 集患できるスキーム

    歯科医院の集患にまだまだブログサイトが最適な理由【書き下ろし】

  6. 共感を得るには

    患者の心に響く会話や説明には〇〇が必要!

  7. 時間の創出

    優先順位が高い仕事の見極め方【書き下ろし】

  8. あなたの脳のタイプは?

    脳タイプを知って、スタッフもあなた自身も最適化する

Category