ネット広告のポイント

保護中: 歯科医院のインターネット広告で知っておきたい3つのポイント【書き下ろし】

Last Updated on 2021.7.24 by 近 義武

歯科医院経営で手っ取り早く患者を集めたいなら、
インターネット広告を使うことです。

 

インターネットを全く使わずに患者を集める方法も、
インターネットは使うが広告を使わない方法もあります。
しかし、それを実現するにはどうしても時間がかかってしまいます。

 

結局、お金をかけて集客するか、時間をかけて集客するか、
どちらをとるかということです。
広告宣伝費にお金をかけられないなら、時間をかけて取り組めばいいのです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

しかし、時間をかけるということは、人件費をかけることと同じです。
(しかも院長であるあなたの)

 

つまり、どちらもお金がかかっているわけです。
ですから、「インターネット広告を使う」という選択肢は
否定するべきものではありません。

 

ただし「広告を出せば確実に患者が来て業績が上がる」
というわけでもありません。

 

ですから、インターネット広告を上手く使う方法や注意点も
学んでおいてしかるべきです。

 

今回は、歯科医院がインターネット広告を始めるにあたって
これだけは知っておきたいポイントを3つ紹介します。

この記事の公開は2021年12月31日まで

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

関連記事

  1. 歯科医院の高収益化

    あなたの歯科医院を高収益化するただ1つの道

  2. 危うい紹介

    紹介患者だけってむしろ危険な兆候です!【期間限定復刻】

  3. 継続する仕組み

    着実に成長する歯科医院の院長が選ぶ方法【書き下ろし】

  4. 全ての患者に「平等」に接しようとするから失敗する!

  5. 院外でのセールス

    歯科医院の院長による適切な「セールス」とは(後)【書き下ろし】

  6. 主導権を握るには

    患者のコントロールが歯科医院の業績を決める【書き下ろし】

  7. 人あたりを良くする

    患者やスタッフからフレンドリーに思われたいなら【書き下ろし】

  8. 反面教師

    これこそ患者に嫌われないための反面教師

Category