患者からの信頼を得る才能に乏しかったら何をする?【書き下ろし】

Last Updated on 2022.5.20 by 近 義武

『患者の信頼をなかなか得られない…』
そういって嘆く歯科医院の院長先生は珍しくありません。

 

確かに診療をスムーズに進めていくにも、
高額な自費診療を受けてもらうためにも、
さらには最後まで通院してもらうためにも、
患者との信頼関係を築くことはとても重要です。

 

この「患者との信頼関係」を築けないとなると、
歯科医院経営にとっては大きなマイナスになります。

 

そういう院長先生だって、
患者からの信頼を得たいと思いつつ行動しているはずなのです。
自分から嫌われたいと思う方なんていません。

 

それでも、患者から上手く信頼を得られなていない院長には
ある共通した理由があるというか、勘違いをしているのです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

歯科医院を経営していても、歯科医師であることには変わりはありません。
たとえ経営者になっても、院長先生は学者肌・職人肌のタイプが多いものです。

 

あなたもそうかもしれませんが、そういった方々でも、
「患者の信頼を得るために重要なのはコニュニケーションだ!」
ということは十分に理解をしています。

 

それでも『コミュニケーションが苦手』な院長は多いものです。
自覚もあって、そのままではまずいだろうと、
せめて笑顔を絶やさないようにしている院長もおいでです。

 

「まぁそれほど心配しなくても大丈夫でしょう。
様子を見ているうちに症状も軽くなりますよ。」
と笑顔でやさしく語りかけ、安心感を与えることが、
コミュニケーションだと思っているのです。

 

それはそれで、悪いことではありません。
ただそれは、「やらないよりはまし」というだけのことです。

 

ではどうすれば、患者と質が高いコミュニケーションが取れるでしょうか。
さらには患者の信頼を得ることができるでしょうか。

信頼を得るのが上手くない院長の勘違い

『患者と話す時間をたくさん設けよう!』
もしもあなたがそう考えているなら
それは陥りがちな勘違いをしていると言えます。

 

患者が診察室に入ってきて、あなたと直接話す時間は、
30分もあるわけではありません。

 

せいぜい、15分、短ければ3分ぐらいでしょう。
我々歯科の診療のほとんどは処置や小手術です。

 

患者との短い会話の時間の中で必要最低限の情報を
分かりやすく伝えなければいけないのです。

 

ただ、今の患者は歯科医師であるあなたから
しっかりとした病状の説明が欲しいと感じています。

それならば、30分かけてでも
患者が理解するまで説明すべきでしょうか?

 

時にはそれも必要でしょうが、院長であるあなたが
患者全員に1人30分も会話していたらほぼ確実に赤字です。

 

それでは、歯科医院経営を黒字にしながら、
患者が欲しい情報をすべて与えることができません。

 

これは、患者から信頼を得るのが難しいと
感じている歯科医師の落ちいりやすい勘違いです。

ではどうすれば良いのでしょうか…

この記事の公開は2022年10月31日まで

Last Updated on 2022.5.20 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

メルマガ登録
メルマガ登録

関連記事

  1. different

    続・院長先生!残酷ですがこれが口コミの真実です…

  2. Secret talk

    続々・院長先生!残酷ですがこれが口コミの真実です…

  3. Review

    続々々・院長先生!残酷ですがこれが口コミの真実です…

  4. truth

    院長先生!残酷ですがこれが口コミの真実です…

Category