コンサルタントとクライアント

コンサルティングが必要なのはこんな院長(前編)【書き下ろし】

Last Updated on 2022.2.1 by 近 義武

私は今でこそコンサルタントとなりましたから
コンサルティングとは何をするものなのかは熟知しています。

 

しかし、コンサルタントになるさらにずっと前、
実際に自分自身がコンサルティングを受けてみる以前には
コンサルティングで何をしてくれるのか、さっぱりわかっていませんでした。

 

料金を聞くと高額だし、なんだか胡散臭いし、
それでいて何らかの「モノ」を受け取るわけでもないし…

 

まぁ、実際には「モノ」以上の価値あるものを受け取ったのですが
それを実感したのはコンサルティングを受けた後、
成果が自分の手にはいった後のことでした。

 

コンサルティングから得られるものはたった1つです。
受け取るものがクライアントそれぞれで違うのですが、
得られるものとは「クライアントの持つ悩みや問題の解決」です。

 

悩みや問題の内容によって得られるものが変わることが
コンサルティングをわかりにくくしているわけです。

 

また、コンサルタントの実力もわかりにくくなっています。
世の中にコンサルタントを名乗る人は数多くいますが、

特に資格もありませんから、名乗ったその瞬間に
新たなコンサルタントが誕生するからです。

 

もともと「独自の商品やサービス」を持っている方が
コンサルティングサービスを取り入れる形で
コンサルタントと名乗っているパターンがよくあります。

 

例えば税理士。
本来のサービスは確定申告書を作成する事なのですが、
節税や経営のコンサルタントを名乗っている方がいます。

 

確かに節税や経営のコンサルティングが
うまくできそうなイメージが強いですが、
なんの提案もできない方も混ざっています。

 

同様に自分の成功体験をそのまま伝えるだけ、
見聞した成功体験を教えるだけのコンサルタントもいます。

 

実例紹介をするだけでは、解決策の提示にも
カスタマイズにもなっていないので
コンサルタントと言えるか疑問です。

 

もしあなたが目の前のコンサルタントの実力を測りたいなら…

この記事の公開は2022年1月31日まで

Last Updated on 2022.2.1 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 駆け抜ける

    歯科医院経営の成果をもっと大きく得る方法

  2. 開業でよくある間違い

    歯科医院の開業のよくある勘違い【書き下ろし】

  3. 余計な仕事をしてるから忙しい

    くだらない仕事を排除する

  4. relationship

    人間関係を円滑にするための院長のアクション3選【書き下ろし】

  5. 明確化、言語化

    患者を集めたいならメッセージを届ける相手を決めよう

  6. 患者生涯価値

    歯科医院の売上を伸ばす新定跡&新常識(上)【書き下ろし】

  7. あなたの将来の話が五里霧中なのはなぜか【書き下ろし】

  8. 研鑽・研修が偏っていませんか?

Category