歯科医師の本質

保護中: あなたの仕事の本質は歯科医療ではない!?【書き下ろし】

我々歯科医師という生き物は自分の治療技術や専門分野の知識を深めることに
一般の方からすれば驚くほどのめり込んでいます。

 

そして、それらがあれば、患者は後からついてくる…
そういう勘違いしている方も少なくありません。

 

しかし、残念ながらそれは間違っています。

 

誤解を恐れずにあえて言うならば、

技術や知識を幅広く身につけているが
患者が来ない、経営が苦しいという院長より
技術や知識の幅は狭くとも患者が来て、
経営が順調な院長の方が
技術や知識を活かす力は高い!

 

なぜなら・・・
歯科医師の仕事は患者の問題を解決してナンボだからです。

 

ハンズオンなどで技術やノウハウを学んでも、それは実習のレベル。
実際に患者に施術するものとは違います。

 

問題を解決する実力は細かい検討や工夫、試行錯誤して、
はじめて実践力として身に付くものです。
このことは
あなたも十分にご存知のことです。

この記事の公開は2021年9月30日まで

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

関連記事

  1. 継続する仕組み

    着実に成長する歯科医院の院長が選ぶ方法【書き下ろし】

  2. 患者個別の利益を提供する

    患者があなたに求めている本当のこと

  3. 的確な判断のための心理学

    心理思考を効果的に使って精度の高い判断を下すには?【書き下ろし】

  4. 今までの価値観から脱却

    あなた自身の「幸せ」に道は続いている?【書き下ろし】

  5. 一歩踏み出せ

    まだまだ伸びるあなたの歯科医院【書き下ろし】

  6. data

    我々歯科医師の肌感覚も捨てたものではない!【書き下ろし】

  7. 行動だけが成功へと続く道

    歯科医師人生で成果を出すためにも守るべき唯一の指針

  8. 違いがなければ価値もない

    「違いがなくて皆と同じ」は「事なかれで無難」な結果を招きはしない

Category