決定的な違い

他の歯科医院・院長との決定的な違いを設定する3つの方法【書き下ろし】

Last Updated on 2020.9.25 by 近 義武

『同じ歯科医師同士でどうやって違いを出せばいいのか…』
『違いがあっても患者には理解できないのではないか…』
『保険診療なんて治療の内容まで規定されているし…』

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

冒頭の項目は次のような質問をクライアントの院長にした際に
よく帰ってくる返答です。

「あなたと他の歯科医師と違いは何ですか?」
「どこがあなたの【売り】ですか?」

「どこで患者に選ばれようとしていますか?」

 

他の歯科医院やそこの院長との「違い」を出すことの苦労が伺えます。
しかし、そもそも論として、多くの院長が勘違いをしています。

 

どういうことかというと、
「違いとは診療や接遇の【優位性】である」
と誤って認識しているということです。

 

「違い」「差別化」「売り」「選ばれる理由」「USP」…
ほぼ同じものと考えてもらって構いませんが、
本来、「違い」とは【優位性】ではなく【差異性】です。

 

それを、他の歯科医院や他のドクターと比べて「優れている」と
いえるところを
『違い』の意味だと勘違いしてしまっているのです。

 

例えばこういうことです。
インプラントのキャッチコピーをいろいろな歯科医院HPで見かけます。
そこには、こんなコピーが並んでいます。

「入れ歯の煩わしさから解放される!」
「○○式最新インプラント!」

「これまでよりもよく噛める!」

 

これらは一見、それぞれが
『違い』や『売り』をアピールしているようですが、
【迷わずこの歯科医院に予約をしてみよう】とは患者はならないのです

 

患者の歯科医院選別の候補には入れてもらえるかもしれませんが
選ばれる「決定的な違い」にはなっていないということです。

 

では、比較検討されないで即決されるような
「決定的な違い」を設定するにはどうすればいいのでしょうか?

この記事の公開は2021年2月28日まで

Last Updated on 2020.9.25 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 患者が思わず納得する「治療の説明」

  2. 仕事の委任

    確かにできるけれどやってはいけないこと

  3. 学びを活かす

    学びを無駄なく活用するには【期間限定復刻】

  4. 患者の幸せにつながる治療

    あなたの歯科医療に対して笑顔で患者にお金を支払ってもらうには

  5. 院長の気構え

    歯科医院の院長に求められるものはたくさんある

  6. 危うい紹介

    紹介患者だけってむしろ危険な兆候です!【期間限定復刻】

  7. 患者個別の利益を提供する

    患者があなたに求めている本当のこと

  8. 新治療を導入する

    新しい治療の導入にはルールがある【期間限定復刻】

Category