共感を得るには

患者の心に響く会話や説明には〇〇が必要!

患者は我々歯科医師と違って歯科の知識を当たり前のように持ち合わせてはいません。その患者が「歯科マニア」でもない限り、あなたが勢いのまま話して会話が成り立ちはしないわけです。仮に歯科医学の専門用語を使わないように話しても、元々の素養というか土台となる自然科学への造詣の差が大きすぎて、言葉による「歯科医療の真意」のキャッチボールが成り立たないのです。

この記事の公開は2020年6月30日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 患者の決断は感情から

    患者はあなたの治療を感情で決断する

  2. 好意をつかむ

    患者にあなたのことを好きになってもらおう【期間限定復刻】

  3. 4positions & 4works

    歯科医院の院長は4つの立場・4つの仕事を抱えている

  4. 患者が集まる歯科医院をつくる

    患者に人気の歯科医院にするにはこの勘違いを正せ

  5. ドクターではなくスタッフに質問する患者をどうする?

  6. 行動してみる

    なぜ、やった方が良いとわかっているのに出来ないのか【書き下ろし】

  7. あなたが進むべき道は?

    あなたが目指す理想の歯科医療とはどんなもの?

  8. 患者のファン化

    診療実績で「患者のファン化」させる3つのポイント【期間限定復刻】

Category