共感を得るには

患者の心に響く会話や説明には〇〇が必要!

患者は我々歯科医師と違って歯科の知識を当たり前のように持ち合わせてはいません。その患者が「歯科マニア」でもない限り、あなたが勢いのまま話して会話が成り立ちはしないわけです。仮に歯科医学の専門用語を使わないように話しても、元々の素養というか土台となる自然科学への造詣の差が大きすぎて、言葉による「歯科医療の真意」のキャッチボールが成り立たないのです。

この記事の公開は2020年6月30日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. あなたの持つ「リソース」を無駄なく使うには?

  2. 説明する歯科医師

    あなたの治療の説明を患者はほとんど理解していない

  3. 歯科医院が行うPPC広告

    今さらだけど「PPC広告」ってどんなもの?

  4. 検索と患者生涯価値

    患者となるすべての人が「検索」している

  5. 患者個別の利益を提供する

    患者があなたに求めている本当のこと

  6. 院内の小さなミスを大きくしないためには?

    小さなミスを不手際で大きくしてしまったことはありませんか?

  7. 理想の患者像

    何をすれば患者が喜ぶかは理想の患者像(ペルソナ)に聞け

  8. dentist treat child

    収益の観点から改善する「歯科診療のあり方」5つのポイント

Category