branding

文句を言うのはお門違いな件

歯科医師会に入会されている先生には馴染み深いと思いますが、
輪番制の休日診療ってありますよね。

先生自身の歯科医院で行ったり、
歯科医師会や保健所の施設に出向いて行ったり、
それぞれの地域ごとではあるでしょうが、
多くの歯科医院が休診している日に設定されるアレです。

日程にもよりますが、それなりの患者が訪れますよね。
場合によっては自院の平日の予約診療の日よりも
多くの患者を診ることになったりします。

ほぼ全員が新規初診患者ですから
結構慌ただしくなることも珍しくないでしょう。

ずいぶん前になりますが、私も大晦日に
休日診療の当番になった日は忘れられません。

朝から雪もチラついていましたし、
「今日の来院患者は比較的少なめだろう」と油断していたら
昼食を取る暇もなく、大幅残業を余儀なくされるほど
患者が詰め掛けて、疲労困憊で新年を迎える羽目になりました。

まぁ、暇つぶしのためのタスクや読みかけの書籍など
準備万端(?)で臨んだ全てが無駄になってしまって
私の鉄板自虐ネタが1つ増えたのは喜ばしい限りです。

とはいえ、ちょっとここで考えて欲しいことがあります。

患者が少ない、もっと患者に来てほしい、
アポイントが埋まるかが常に気になっている…

そう考える院長先生が少なくないこのご時世で
なぜ休日診療には患者が来るのでしょうか?

もちろん、たまたまトラブルが多発したこともあるでしょう。
しかし、最も大きな要因は、
『他に診療をしている歯科医院がない』からです。

「歯科の診療を受けたい」という需要に対して
「歯科診療を提供する歯科医院」という供給が少なければ
患者がたくさん来院したというだけです。

歯科医師数、歯科医院数が圧倒的に不足していた1960~70年台は
「歯科医療市場」が常に供給不足だったから
経営努力ほか、歯科診療以外何も考えずにいたとしても
歯科医院を開業すれば経営が成り立ったというわけです。

この「需要過多・供給不足」状況での診療の特徴は
顕在的疾患、病状に対する治療がメインとなり、
潜在的疾患に対する治療や
予防処置などの優先順位が低くなることです。

ですから、休日診療に訪れる患者は
その後、最後まで歯科医院に通院する事も少ないですし、
さらに定期的なメンテナンスに来る事も
期待はできない患者になっているのです。

このような需要と供給のことや
状況による患者層の傾向の差などをわかった上でなら、
自らの歯科医院の診療日を日曜祝日や
GW、年末年始に設定しても良いと思います。

覚悟を持って臨むなら、
歯科医院経営の起爆剤になる可能性があります。

とはいえ、私は別段、休日診療や深夜診療を
勧めているわけではありません。

患者が少ない、もっと患者に来てほしい、
アポイントが埋まるかが常に気になっている…
というなら、こういう手もあるのですよってだけです。

供給過多のポジションからは動かずに
文句を言ったり、不満をこぼしたりして
手をこまねいているだけよりは
ずっと良いのでは?と言いたいのです。

供給過多のポジションからは動きたくないなら
それはそれで構いませんが、
その他大勢の院長と同じことをしていては
需要不足を打ち破ってそれ以上の集患を実現できません。

供給不足のポジションを探して移動するか、
その他大勢の院長先生とは異なることをして
患者に選ばれる理由を作るしかないのです。

どの道に進んでも、絶対的な正解も絶対的な不正解もありません。
価値観やポリシーに従って、信じた道を進んでください。

あっ、何もしないという道もありますが、
現在集患に困っているなら、その選択肢だけは
ほとんどの方には不正解ですので避けましょう。


 

先生の歯科医院、まだまだ伸び代があります!
 その疑問や悩み、気軽に話してみませんか?

★誰にも知られず、どんなことでもお話しください!
 『トライアルセッション(お試しコンサルティング)』

 ※品質は通常のコンサルティングと変わりません。
 ※2回目以降の継続を強制することはありません。
 ※その他のサービスを売り込むこともありません。

詳細はこちら
 https://120percent-inc.com/contents/trial-session/


 

★根本的な原理原則に基づく自費率アップへのセミナー
 『高額でも患者から 治療をお願いされる3つの秘訣』

 猛烈にプッシュしなくても高額な診療が次々決まる!
 口下手でも、プレゼンにシステムがなくても大丈夫

詳細はこちら
 https://wp.me/P6asQv-ps


 

★王道的なのに盲点な「コレ」を少人数セミナーで!
 『良質な患者でアポイントを埋め尽くす3つの急所』

 良質な患者に数多く愛され通院してもらう
 魔法のような集患の手立ては存在しません!

詳細はこちら
 https://wp.me/P6asQv-rE
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あなたの歯科医院の繁盛と
 あなたの成功を真剣に願っています!!

 P.S.
 もしあなたに質問・疑問等がありましたら、
 遠慮なく“近”までお問い合わせください。

  ■「お問い合わせ」
    ↓↓↓↓↓↓↓↓
  info@120percent-inc.com

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

=========================

 歯科医師
 歯科医院の集患・経営、
 ブランド構築コンサルタント

 株式会社120パーセント
   代表取締役  近  義武

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

メルマガ登録

 

豊かで幸せな歯科医師・院長になるための心得や、経営に関する歯科医師目線の知識・ノウハウを会員限定の無料メルマガで話しています。

今なら登録特典として、東京デンタルショーで大好評を博した『良質な患者が通うブランド歯科医院構築セミナー』のフルバージョン動画(約61分)もご視聴いただけます。

関連記事

  1. 予約患者の減少

    歯科医院の「診療時間短縮・残業禁止日」メリット・デメリット(中編)

  2. 折り返し地点で税金計算

    成功している歯科医院が必ずやっていること=売上と税金の把握

  3. 院長の仕事

    〇〇は技術の高い歯科医師の義務だと思っています。

  4. 上手くいっている時ほど危うい

    こちらのOnly Oneは恐怖の対象だと認識できていますか?

  5. プロ意識

    30年前に40歳のジーコがくれたモノ

  6. 歯科医院経営に大切なこと

    歯科医院の院長として経営手腕以上に大切なこと

  7. 歯科医師の豊かさ

    日常臨床も含めて「豊か」な院長になるには?

  8. 良い習慣を身につける

    患者やスタッフに良い習慣を身につけさせる方法【書き下ろし】

Category