relationship

人間関係を円滑にするための院長のアクション3選【書き下ろし】

「歯科医師」というのは職人的な側面を持った職種です。
知識と技術の高度な融合という点では
丸っきりの職人とはいえないかもしれませんが
『職人』の気質があることを否定はできません。

 

極端な話、自分の世界に閉じこもって、
研修・研鑽と選り好みした患者の治療だけを行っても
許さるのが「歯科医師」なわけです。

 

しかし、「歯科医院の経営者=院長」となると
「歯科医師」であるだけでは許されなくなります。

 

患者、スタッフ、業者、関連団体、金融機関、行政、地域社会…
人間関係のまっただ中に放り込まれてしまいます。
しかもそれが直接的にも間接的にも歯科医院の経営に
影響を及ぼしてくるので放置
というわけにもいきません。

 

あなたも「開業をしよう」と決意した瞬間から見てきたはずです。
そして理解しているはずです。
どこまでいっても歯科医院経営は、結局のところ人間関係であり、
突き詰めていけば『相手にいかに好かれるか』に収束することに。

 

では、あなたの周囲を見渡してみてください。
1人や2人、なんだかとても「好かれている人」がおいででしょう。
そういう「好かれる人」は、なぜ好かれるのでしょうか?

 

結論はとても単純です。その方が「好かれる努力」をしているからです。

 

スポーツジムに行くと、トレーニングの必要のないような人ばかりで
超メタボな人は、滅多に見かけません。
エステに通う女性も、「十分スタイルがいい方」が多いのです。

 

人を笑わせるのが得意な人は「ネタ探しのアンテナ」を常に張っています。
つまり人に好かれるためには、「好かれる努力」が必要なのです。

 

「好かれる努力」とは好かれやすい行動を
できるだけたくさんすることに尽きます。

 

「好かれやすい行動」はたくさんありますが、その中でも
歯科医院の院長として取り組みやすいものを
3つだけ紹介しましょう。

この記事の公開は2021年7月31日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 歯科医院見学

    成功歯科医院の正しい見学、正しい模倣【書き下ろし】

  2. 批判

    競合歯科医院からの批判が怖いなら【書き下ろし】

  3. 成果を確実に得るには?

    セミナーから多くの成果をもぎ取る3つのコツ

  4. 理念とゴール

    あなたの満足できる「ゴール」の設定は明確ですか?【書き下ろし】

  5. 今までの価値観から脱却

    あなた自身の「幸せ」に道は続いている?【書き下ろし】

  6. 保有効果

    保有効果であなたの治療の価値を上げよう【書き下ろし】

  7. 検索と患者生涯価値

    患者となるすべての人が「検索」している

  8. 甘い楽観論

    院長!そこだけなぜご都合主義なんですか?【書き下ろし】

Category