equivalent exchange

その医療機器の価値、きちんと評価して購入していますか?【書き下ろし】

Last Updated on 2022.11.12 by 近 義武

医療従事者には
「お金や蓄財に関心を持たない」
という不文律が今でも根強く存在しています。

 

【医は算術にあらず】
この言葉がそれを端的に表しています。

 

ただ、この言葉は医師が希有な存在で
『儲けよう』と考えればいくらでも稼げた時代に
自戒を込めて弟子に語られたものです。

 

その精神は「大変すばらしい」としか
言うことができません。
職業倫理としても高位のものです。

 

しかし、現在の歯科業界においては
この言葉のみが一人歩きしているようです。

 

お金の話になると拒否反応を起こしたり
キャッシュフローと経営感覚が乖離している院長が
少なからずおいでになります。

 

院長本人の性格や理解力に難があるわけではないので
『思い込み』『刷り込み』『洗脳』
みたいなことなのだろうと推察しています…

 

「お金」の話題が意味もなく忌避されている結果、
「お金の性質」を理解して歯科医院経営に
活かしている院長が
ほとんど存在しません。

 

毎日の診療を真面目に頑張ったら、
いつの間にか経営がうまく行って裕福になっていた…
40年ほど前までは実在する話でしたが
令和の時代の現在では宝くじ並みの僥倖です。

 

当然、今回の話は『受けが悪い』です。
しかし「お金の性質」を理解しておけば
お金をより効果的・効率的に使うことができます。

 

「塵も積もれば山となる」のことわざ通り、
歯科医院経営自体も停滞から脱皮できるかもしれません。
認識を多少修正するだけですので気楽にお聞きください。

最も重要なお金の性質とは…?

結論から言いましょう。
商品やサービスとの交換したり、
価値に対して報酬を支払ったりできることです。

 

つまり、最も重要なお金の性質とは
価値の交換、貸し借りを可能にすることなのです。

 

しかし、お金を持つ=「自分自身の価値の上昇」
という勘違いを起こす方が相当数います。

 

その結果、

「金があれば、なんでもできる」
「心は金で買える」
「人は金についてくる」

などの行き過ぎた『価値の交換』に
認識が変形してしまいがちです。

 

そういう院長は、医療=「価値」を提供して、
診療報酬を得るということに対しても
『診療してやっている』気持ちが強くなり、
いずれ患者が離れていきます。

 

『価値の交換』の本来の姿は【等価交換】です。
我々が提供する歯科診療の品質が高いことはもちろんですが…

この記事の公開は2023年4月30日まで

Last Updated on 2022.11.12 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. Why Not

    成功歯科医院を真似しても失敗する?【書き下ろし】

  2. cancel prevention

    患者には理解できない前提のキャンセル対策【書き下ろし】

  3. 歯科マーケティングに取り組む

    歯科にマーケティングって本当に必要?【書き下ろし】

  4. 謙虚になる

    歯科医院の院長に忍び寄る影

  5. 患者説明の心理学

    「終わり良ければすべて良し」は患者説明でも真実か 【書き下ろし】

  6. 忙しさの解消

    仕事の忙しさを解消するための考え方の筋道

  7. 経営責任者兼任

    歯科医院の院長になったらCEO(最高経営責任者)兼任

  8. とにかくやってみよう

    患者向けセミナー5つのメリットと3つコツ 後編

Category