院内の小さなミスを大きくしないためには?

小さなミスを不手際で大きくしてしまったことはありませんか?

医療過誤の対策が十分な歯科医院でも、改善の余地があったり、生じた際の困惑が大きいのはもっと小さいミスの方です。保険証の返却し忘れ、ダブルブッキング、技工実日数の誤認+予約間違い、など歯科医師的には大したことがないと思いがちだからです。

この記事の公開は2020年6月30日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 全ての患者に「平等」に接しようとするから失敗する!

  2. 説明のルール

    患者の心に響くすばらしい説明がしたい…【期間限定復刻】

  3. 4positions & 4works

    歯科医院の院長は4つの立場・4つの仕事を抱えている

  4. 説明する歯科医師

    あなたの治療の説明を患者はほとんど理解していない

  5. マーケティング

    あなたの理想の診療体制を実現するには【期間限定復刻】

  6. dentist treat child

    収益の観点から改善する「歯科診療のあり方」5つのポイント

  7. 自信を持って自分の行動、目標を語る

    「不言実行」は美しいけれど、歯科医院の院長には物足りない

  8. 主導権を握るには

    患者のコントロールが歯科医院の業績を決める【書き下ろし】

Category