歯科医院のキャンセル対策、どこまでしますか?【書き下ろし】

経費には2種類あることはご存知でしょうか。
「固定費」と「変動費」になりますが、
この内の「固定費」は患者が来なくても発生します。

土地代、家賃、テナント料、駐車場代、
人件費、光熱費などが代表的なものです。

歯科医院経営はスタンバイしているだけで
経費を垂れ流しているわけです。

キャンセルがあると診療報酬は得られず、
経費だけがかかってしまう空白の時間となりますので
極力避けたいものです。

キャンセル対策は2種類ある

キャンセル対策は2つのカテゴリーに分けられます。

A、キャンセルの発生そのものを小さくする

こちらがキャンセル対策としてメジャーになります。

キャンセルの発生そのものを小さくするには
患者に歯科医院の予約を『思い出させる』こと、
「リマインド」が最もメジャーな対策です。

ネットを活用した様々な仕組みやシステムもありますし、
予約の患者1人1人に電話をする古典的な手法もあります。
費用対効果などを考慮して採用・実施すると良いでしょう。

それとは別に…

この記事の公開は2024年1月31日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 見えども見えず

    私の経営マインドがひっくり返った話

  2. インフレーション

    歯科医院経営にインフレはどんな影響がある?【書き下ろし】

  3. important

    経営者なら把握したい〇〇、してないと無駄働きかも…

  4. your value

    このままでは、あなたの技術も知識も埋もれたまま…?

Category