批判

競合歯科医院からの批判が怖いなら【書き下ろし】

あなたはどこに目を向けて日々の診療・歯科医院経営に
取り組んでいるのでしょうか・・・

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

素直に耳を傾けるべき話というのは、
どんなところにも存在するものだというのは真実です。

 

だからと言って、なんでも真に受けてしまうのは問題があります。
特に気をつけたいのは他の院長からの批判です。

 

このことは診療に関しても、歯科医院経営に関しても当てはまりますが、
特に歯科医院経営に関しての批判には相当気をつけなくてはなりません。

 

批判の内容に関しては
根拠が明確で的を射ているならありがたく受け取ればいいですし、
的外れであればほぼ放置で構わないのです。

 

ただ、歯科医院の院長の中には
『批判そのものを恐れている』という方が相当多くいるのです。
このことが歯科医院経営の成長や飛躍の足を引っ張ります。

 

他の歯科医院、歯科医師よりも目立つようなことや、
歯科業界の因襲的なことを打ち破るようなこと、
毛色の違う集患や患者へのアプローチ、などを
私からクライアントの院長に提案すると
多くの院長が最初は二の足を踏むことがよくあります。

 

私に向かってはっきりとは言いませんが、
同じ歯科医師や院長からの批判を心の底で恐れているのです。
その批判が正しかろうと、そうでなかろうと、です。

 

しかし、そんな風に批判を恐れることは間違っています。
もし批判されたなら、ガッツポーズの1つでもして
「よしっ!」と思うべきです。

 

理由は簡単です。

この記事の公開は2021年5月31日まで

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 負のスパイラル

    歯科医院経営の負のスパイラルからの脱出方法(上)【期間限定復刻】

  2. 意識が違うのは仕方がない

    患者の満足度を左右する5つのポイント【書き下ろし】

  3. gathering patient

    患者は欲しいがセールスはどうも・・・【書き下ろし】

  4. 伝えたいなら忘れてはいけない

    伝えたいなら忘れてはいけない【書き下ろし】

  5. 経営改善のピース

    歯科マーケティングの基礎知識こそ経営の一筋の光明

  6. long-term

    長期的観点で伸ばす「歯科医院の売上」【書き下ろし】

  7. your mistake

    保護中: 院長先生!その仕事はあなたがするべき仕事ですか?【書き下ろし…

  8. 技術や設備がよくても患者が来院しないのはなぜ?【書き下ろし】

Category