院長の別の顔

あなたが意識していない『もう1つの顔』

Last Updated on 2021.9.18 by 近 義武

歯科医院の院長としてそれなりの立場になってくると
様々な会合に参加する機会が多くなるものです。
場合によっては他業種の方が参加する会にも参加することになります。


 

私の場合、主催者の方と親しかったりすると
ちょっとした挨拶を頼まれることもあるので
心の準備と時事ネタみたいなものはいつもしています。


 

話す機会をいただくのは大変ありがたいことになのですが、
3分前に依頼されるという無茶ぶりは心臓によくありません(笑)


 

話す機会のある無しは別にして、いろいろな催しに参加するおかげで
歯科医院の院長のある特徴というか傾向に気づきました。


 

それは、『○○な意識を持っている人って少ないんだ!』
ということです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 



私はコンサルティングやセミナーでの講話を
もっぱら活動の中心にしていますから
院長先生と話をする機会がたくさんあります。

 


そんな時に結構な頻度で感じさせられるのが
この不足している『○○な意識』です。

 


歯科医院経営のコンサルティングをする立場としては
危機感を感じることでもあります。

この記事の公開は2020年10月31日まで

Last Updated on 2021.9.18 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 感動がなくては受診もない

    患者に「お金をかけて受診しよう」と決断させたいなら?

  2. 経営理念はブランディングの第一歩

  3. 患者の決断は感情から

    患者はあなたの治療を感情で決断する

  4. 患者と長く付き合う

    歯科医院の売上を伸ばす新定跡&新常識(下)【書き下ろし】

  5. 歯科医院経営の罠

    保護中: 歯科医院経営の負のスパイラルからの脱出方法(下)

  6. 驚く男性

    患者はあなたの技術ではなく〇〇であなたを評価している

  7. 職人気質と見られている

    患者からの「決め付け」で損をしていませんか?【書き下ろし】

  8. 成果を確実に得るには?

    セミナーから多くの成果をもぎ取る3つのコツ

Category