歯科医院経営鳥リスク

歯科医院経営で得する「リスク管理」の考え方【書き下ろし】

Last Updated on 2021.7.3 by 近 義武

歯科医院経営に限ったことではありませんが、
あらゆる運営責任者に対して書籍、教訓、その他では
「リスクを管理しなさい!」とアドバイスされています。

 

「リスク」という言葉は知っていても
本質がどういうものなのか、どう扱えばいいのか、
これらが曖昧なままでは
リスクは管理できません。

 

『実際に大きな事件が起きたら大変だから
それに備えればいいのでしょう…?』程度の認識では
安心・安定の歯科医院経営は望めないのです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

ここまで話してきましたが、今回の話は少し小難しいというか
とっつきにくい「リスク」「ボラティリティ」の話になります。

 

先生の興味を引きにくい話であることはわかっていますが、
いつもとは違った脳の刺激としてお読みいただくといいでしょう。

リスクとボラティリティ

 

一言で言えば、リスクは「損する可能性」
ボラティリティは「変動の振れ幅」です

 

我々はこの「リスク」と「ボラティリティ」を
混同かつ一括りに考えてしまいがちです。

 

歯科医院を開業して将来、安泰に暮らせるか、暮らせないかを
歯科医師という職業のリスクだと考えたりします。

 

実際には、将来安泰に暮らせるか、暮らせないかは
「ボラティリティ」= 変動の振れ幅であって
「リスク」ではありません。

 

ボラティリティはあなたの行動、捉え方次第では
プラスとして働かせることもできれば
リスクを生み出す主要因にもなりえます。

リスク

 

厳密な計算式ではありませんが、

リスク=発生確率×被害の大きさ

というように捉えてください。

 

リスクの発生確率はゼロにはなりません。
起きるかもしれないことを考えるのですから
当然と言えば当然のことです。

 

また、被害の大きさを無限大にすることもありません。
発生確率をいかに小さくしても無限大の破滅的な被害が
発生することになるからです。

 

被害が大きければそれだけリスクが大きいことになります。
逆に最悪な事態が起こっても、被害が許容できるのであれば
リスクは大きくないと言えます。

 

例えば、歯科診療における施術者のHIV感染のリスクは

この記事の公開は2021年12月31日まで

Last Updated on 2021.7.3 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. 患者のファン化

    診療実績で「患者のファン化」させる3つのポイント

  2. よくある勘違い

    歯科医院の売上を伸ばしたい院長がよくする勘違い【書き下ろし】

  3. 患者が集まる歯科医院をつくる

    患者に人気の歯科医院にするにはこの勘違いを正せ

  4. 仕事の委任

    確かにできるけれどやってはいけないこと

  5. staff-management

    10人以下のスタッフ管理

  6. 院外でのセールス

    歯科医院の院長による適切な「セールス」とは(後)【書き下ろし】

  7. ダメサイトばかり

    あなたのホームページ、こんな間違いしていませんか?【書き下ろし】

  8. 患者の意識

    院長が知っておきたい患者の意識【書き下ろし】

Category