束縛されている

歯科医業の認知バイアス的束縛から解放されるために【書き下ろし】

Last Updated on 2021.9.11 by 近 義武

我々の稼業が「医業」である限り、倫理的束縛があります。
そのこと自体に文句を言う気は無いのですが、
解釈の仕方はその時々の社会情勢や風潮によって変化します。

 

昔日の考え方を全て否定する気はありませんが、
必要以上にこだわる必要もありません。

 

歯科医業界は狭い社会ですから、変化を拒む潮流雨なことは理解できます。
しかし、個々の歯科医院の経営責任はあくまでも院長先生個人にあるのです。
まずは、気づかないうちに刷り込まれた認知バイアスの存在を認識しましょう。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

歯科医院の院長の多くは、治療の最新トピックスには敏感でも
経営には残念ながら無頓着(にしか見えない)です。

 

ぼんやりと歯科業界や世間一般の価値観には縛られたままだと
「とりあえず毎年売上を伸ばそう」という発想にならざるを得ないから。
ただし、多くの院長は縛られていることにすら気付きません。

縛られた価値観に気付くには

この記事の公開は2022年2月28日まで

Last Updated on 2021.9.11 by 近 義武

続きは『ブランドアカデミー Web Basic』
月額有料会員に限定して公開されています。

ご覧の際には下欄にパスワードをご入力の上、『確定』ボタンをクリックしてください。最新のパスワード(BAwb*******)は、『ブランドアカデミー Web Basic』会員に向けて、毎月初にメールにてお送りしておりますのでご確認・ご入力ください。

『ブランドアカデミー Web Basic』内には、このようなコラム500本以上と、セミナー動画50テーマ250本以上がストックされており、現在も増え続けています。新作はもちろん、旧作もローテーションで復活公開しており、コラムは40〜50本、セミナー動画は10テーマ50本以上を常時ご覧いただけます。興味を持たれた方は、この下の『詳細を確認する』ボタンをクリックしてください。お申し込みと決済が完了後に会員用パスワードをご案内します。

関連記事

  1. あなたの意思が最重要

    あなたの歯科医院のプライオリティはどこにある?

  2. 理想とメッセージ

    言動がブレない芯の通った歯科医院にするには

  3. 歯科医院経営鳥リスク

    歯科医院経営で得する「リスク管理」の考え方【書き下ろし】

  4. 行動してみる

    なぜ、やった方が良いとわかっているのに出来ないのか【書き下ろし】

  5. 中断の理由

    歯科医院の治療中断率を下げたいなら【書き下ろし】

  6. Determination

    歯科医院経営に不可欠な思考【書き下ろし】

  7. 見出し・タイトルの決め方

    ここを変えればもっと読まれる『タイトルのオキテ』【書き下ろし】

  8. もっと紹介患者を

    これまで以上に紹介患者を獲得する3つのアクション【書き下ろし】

Category